2次元感想まとめ

僕の好きなものについて色々書く薄っぺらい感想ブログです。

たからさがしのなつやすみ前編 感想(さんどいっちわーくす)

 

f:id:taikutu1216:20190815143548j:plain

 夏休みということもあり、ちょうどDLsiteの15%offクーポンが手元にあったのと50%offになっていたので購入しました。僕的にはあまり刺さりませんでした。やっぱ姉ものは苦手なのかな~(感想)

 

続きを読む

2019年8月購入予定エロゲ

 8月購入予定のエロゲ一覧です。

 

  • LIKE×LOVE ~十津川 光~

http://rootnuko.jp/products/likelove/

 塗りが綺麗で肉感もエロく描かれていたので購入します。ただシステムは少し面倒くさそうですね。

 

  • ろけらぶ 電車×同級生

http://rootnuko.jp/products/likelove/

 こちらの塗りも僕は好きです。ただこちらで購入の決め手となったのはヒロインですね。赤髪で強気で少し不器用そうな女の子は好きです。おっぱいが大きいのもいいですね。あと、僕は同棲に弱いです。同棲は憧れますね。朝フェラとかすごい好きです。

 

 

 以上。今月は個人的にあまりめぼしいエロゲはなさそうだし、積みゲー崩しが捗りそうです。

 

戦記絶唱シンフォギアG 感想

 1期を書いたので2期も書かなきゃなと思いまして。また感想を少しばかり書きます。

 

 面白かったです。1期よりよりシンフォギアの世界に浸れたと思います。

 1期と比べてストーリーが重かったってのが一番の感想です。1期と比べて2期だと固定ファンも付いているので重厚なシナリオを展開したのかなと思いました。

 2期は奏者の心情がより前面に押し出されていたように感じました。そして、心情が顕わになったことにより、奏者同士のぶつかり合いが起き、そこがストーリーを重く感じた所以だと思いました。2期は各回の引きが強すぎます。先がめっちゃ気になりました。1期はサクサク見れたのですが、2期はグイグイ引き込まれました。

 1期よりシンフォギアの世界観がより具体的に、さらに大きくなりましたね。世界各国を本格的に巻き込みだしたり、あとカタカナの単語が急に増えましたね。フォニックゲインとか色々。これがシンフォギアの世界観により厚い密度をもたらしたのだと思いました。

 音楽に関してはもう圧巻の一言で満場一致でしょう。相も変わらずBGMの質の高さや入りのタイミング、さらに今回僕がおおっ! ってなったのが11話あたりの終盤の挿入歌についてなんです。1期からそうでしたが、奏者が戦ってる時には挿入歌(キャラソン)が入ります。これが2期だと進化していました。11話終盤では、互いに異なる想いやら画策のもと仲間だった奏者同士が戦うシーンがあるのですが、このシーンでは2つの挿入歌が同時に流れました。互いの譲れない意地を主張しているかのように。奏者同志のぶつかり合いが挿入歌でも繰り広げられます。バトルシーンがより熱くなりましたね。切歌と調が戦うシーンでは、それに加えて歌詞が途中でシンクロするのでよりグッときました。

 13話のEDもいい演出でした。翼と奏が歌う逆光のフリューゲルという歌がありますが、これを響・翼・クリス・切歌・調・マリアの5人が歌います。この歌のタイトルが「虹色のフリューゲルなのです。憎い演出です、ほんと。

 変身シーンも変わってましたね。なんだか魔術みたいな印象を受けました。あと、変身するとき服がはじけ飛んで裸で舞うシーンいいですね。余談ですが、僕は調と切歌の変身シーンが好きです。一番好きなキャラは雪音クリス。

 余談ですが、クリスちゃんがドクターからソロモンの杖を取り返すシーンで、変身した姿を解除して真っ裸になるシーンでにっこりしました。

 

 

 それでは、クリスチャンは正ヒロインということに決定したところでこのままGXも視聴しますか。(試験はバビロニアの倉庫に置いていきました)

戦記絶唱シンフォギア感想

 戦記絶唱シンフォギア(1期)を見終わったので少しばかり感想をば。

 

 テレビアニメ5期放送記念として、期間限定で1期から4期まで1日1話ずつ順に公開しています(一度公開された話は期間限定で消されずそのまま残されています)。消される前に興味ある人は見てみては? 一緒に適合者になりましょう。

www.youtube.com

 正直ハマりました。アニメ13話を2日で完走したのはほんと久しぶりです。つまりそれだけ熱中して見るくらい面白かったことの逆説にもなるわけですが。ホント面白かった!

 熱中して見ることが出来たのはアニメの構成だと思いました。振り返ってみると13話で無駄なシーンがない。どれも少しづつ伏線になってたり重要なシーンだったりするんです。

 一般的なアニメで4話とか7話くらいに挟む本編に関係のないシーン(無駄なシーン)あると思うんですが、シンフォギアにはないです。休む暇も与えないくらい怒涛の勢いで13話まで駆け抜けます。歌も相まって一層疾走感に磨きが掛かりますね。キャストで水樹奈々さんをチョイスしたのはとても良いと思いました。力強くグイグイ引っ張る歌も今作の魅力の一つだと思います。

 歌と言えば、歌良いですよね。とりあえずopのSynchrogazerと劇中歌の絶刀・天羽々斬逆光のフリューゲルは買いました。シンフォギアに合った疾走感のある素晴らしい歌だと思います。

 アニメ自体が駆け抜けるように進んでいくので気づいたら終わっていたってのが本音なんですが、振り返ってみると後半で羽が生えて飛んだり、宇宙に行って月の破片を粉々にしたりと割と無茶してるなって思いました。あれ、展開も割と終盤はっちゃけてるな? って思いましたし。でも見てる時はそれも自然に受け入れて、むしろその展開も見てるこっちが興奮するスパイスの一つとなっていたと思います。

 

 連休はシンフォギアで溶けてしまいましたが、テスト期間もシンフォギアにかまけて単位までも絶唱して炭化したら笑えないので一旦中断……できるといいなあ(遠い目)